CATEGORY

な行 は行 ま行

一流の人間の持つ魅力が語られます。読みやすいですよ。羽生善治 × AI 長岡裕也/著

1.概要 棋士:長岡裕也五段が10年以上羽生善治九段の研究会の相手(VS:ブイエス)を務めていますが、その長岡五段が羽生九段について語った内容です。 60爺も、本ブログでは、将棋のタイトルの記事や、月ごとの将棋界の結果を載せるようになって久しく、4級程度の見る将ですが、最近の将棋界は藤井七段の活躍で躍動していますね。 文章は淡々としており、VSを通して接した羽生九段の思い出話がたくさん記載されてい […]

登場人物はとんでもないモンスターだらけ!作家刑事毒島 中山七里著

1.概要 著者の日記「中山七転八倒」の中で何回も登場していた出版業界を舞台にしたミステリです。最後に、後書きを書かれていた方も進めていることもあり読んでみました。 この小説は短編ミステリ集で5編の物語が楽しめます。 ばら撒かれる毒舌が凄いですが、じつは、これ、著者の本音がばら撒かれているんですね。先ほどの「中山七転八倒」の中で著者が言っていたことが、何度も出てきています。‬ 主人公は、刑事の高千穂 […]

中山七里のハチャメチャ日記面白いっス!中山七転八倒 中山七里/著

1.概要 第8回『このミステリーがすごい』大賞で選出された『さよならドビュッシー』の著者が書いた日記です。2016年1月7日から翌年の2017年5月31日までが収められています。 このうち、2016年9月5日から最終回017年5月31日までは、幻冬舎のwebサイト「ピクシブ文芸」に24回に渡り掲載されました。 中山七里の小説の感想は4冊ほど載せていますが、それぞれ読みやすく、内容も面白いと思ってい […]

円華の能力で4つの事件を解決、ラプラスの魔女前日譚!魔力の胎動 東野圭吾/著

1.概要 内容紹介で「ラプラスの魔女」の前日譚と詠っています。「ラプラスの魔女」の主人公である羽原円華が活躍する短編小説です。 最後の「初出」を見ると、第四章までが「小説 野生時代」に載せられたものですが、第五章の「魔力の胎動」だけが書き下ろしであることがわかります。 それぞれのお話のキーマンである羽原円華は、「ラプラスの魔女」の中でもそうだったように、相変わらず、をはっきりものを言う女の子で、自 […]

御子柴礼司シリーズ第四弾!今度は母親の弁護を実施!悪徳の輪舞曲(ロンド)中山七里著

1.概要 中山七里による「御子柴礼司シリーズ」の第四弾です。どんな罪状であっても負けない悪辣弁護士の御子柴礼司が奔走する法廷小説です。 今回の依頼人は実の妹、被告となっているのは実の母という設定です。 さすがの御子柴も30年も会っていなかった肉親との邂逅に、いつもの調子が出ないようです。それでも、再婚した母親が相続する財産から弁護料(一千万円!)を獲れるとのことで弁護を引き受けます。 御子柴の旧名 […]

それぞれに心温まる連作小説!誰かが足りない 宮下奈都/著

1.概要 宮下奈都の連作小説です。予約1から予約6までの6篇からなります。そして、同日同時間に予約したそれぞれの主人公たちが、人気レストラン「ハライ」で一緒になる仕掛けです。 60爺には、後半の物語が強く印象に残りました。何故だかわかりませんが、後ろの方の物語の方が、感動をもらえた気がします。 それぞれの主人公は、皆、何かを失ってしまった人々です。その中で懸命に生きています。そして、最後は、なにが […]

高齢化社会には重い現実がある!ロスト・ケア 葉真中顕/著

1.概要 前回に引き続き、葉真中顕氏の作品です。 この小説は2013年に発行されていますが、小説を読んで、今更ながら、日本の介護は、非常に厳しい状況にあると思いました。 この小説の中でも語られていましたが、介護職は、重労働の割には給与が著しく悪く、やる気のあるものから辞めていってしまう過酷な労働だと思います。 そして、この介護職に関わっているのは、予備軍とも思われるような年齢の方が多いようにも感じ […]

女性蔑視の県警で懸命に働く女性警察官のお話6篇!W県警の悲劇 葉真中顕/著

1.概要 この方の小説を読むのは初めてです。読み終わっての感想ですが、そこそこ楽しめました。 最終話は「えーっ!」っていう展開でした。面白かったんですが、ちょっとおっかない終わり方をしますよ。是非、読んでみてください。 一般的に、警察という組織は、女性を軽く扱う風潮が顕著であると聞きますが、まさしく、そんな風土を持ったW県警の中で苦闘する女性警察官達の姿を描いた短編連作の推理小説です。 6篇が納め […]

また、あのホテルが犯罪の拠点に!マスカレード・ナイト/東野圭吾 著

1.二人の関係は? マスカレード・シリーズ第三弾!マスカレード・ホテルの最後で、ホテルウーマンの山岸尚美と刑事・新田浩介の関係がいい感じで終わったので、さあ、彼らの関係がどうなっているか、ちょっと楽しみでした。 読み進んでいくと、山岸は、ベテランのフロントクラークから、さらにパワーアップして、コンシェルジュになっています。そして、新田は相変わらず刑事をやってまして、二人の関係は何事もなかったのです […]

探偵沢崎シリーズ第一作さっそうと登場!そして夜は甦る 原尞/著

1.沢崎登場 原尞のハードボイルドです。今までに読んだ二作が非常に面白かったので、沢崎シリーズの第一作を読んでみました。 この作品も楽しめました。 内容紹介は以下の通りです。 西新宿の高層ビル街のはずれに事務所を構える私立探偵沢崎は、ひょんなことから、行方不明となったルポライターの調査に乗り出すことに——そして事件は過去の東京都知事狙撃事件の全貌へと繋がっていく……。いきのいい会話と緊密なプロット […]