CATEGORY

や行 ら行 わ行

永青版三国志、ただひたすらに耐えまくる曹操を見よ!孟徳と本初 三國志官渡決戦録 吉川永青/著

1.概要 本日取り上げる小説の舞台は、題名にもある通り、三国志の中でも序盤の山場である官渡の戦いが描かれます。 吉川英治三国志では、本初即ち袁紹の陣営がぼんくらで仲間割れが多く、最終的に勝っていた軍を、鵜層の兵糧を焼かれたことで大敗し、袁家滅亡となったように記憶しています。 しかし、この物語では、曹操は全く本初にかなわず、思い悩み、耐え忍びさまが、これでもかこれでもかと延々と続きます。 本初側に裏 […]

南極での研修医伊達の成長物語、多彩な登場人物と南極の自然に驚き!白魔殿の医師 よこみぞ邦彦/原作 星野泰視/作画

1.主人公と登場人物 ビッグコミック増刊で連載されていた「白魔殿の医師」がコミック3巻で完結となりました。 研修医の伊達は、大学の教授に誘われ、南極医として、極地に赴くところ、その大学教授が病気で帰国してしまい、自分も南極行きを取りやめにしようとしていましたが、隊長の鬼山に酒を飲まされ、南極行きとなってしまいます。 この隊長の鬼山は、自衛隊の軍医上がりで、謎の多い人物です。 この物語は、伊達が、プ […]

古典部シリーズ第6作相変わらず面白い、「える」の将来は?いまさら翼といわれても 米澤穂信/著

さて、今回紹介の、この小説は、とても面白いですね。いつ読んでも。 米沢穂信の古典部シリーズ第6作になるんですか。今回も、選りすぐりの短編6作が並んでいます。 60爺は、この小説は、一作目の「氷菓」以来、神山高校古典部以下4名の活躍する推理小説であると思っています(誰もがそう思うか・・)。 「ホータロー」こと折木奉太郎 「える」こと千反田(ちたんだ)える 「里志」こと福部里志 「摩耶花」こと伊原摩耶 […]

関が原の合戦の裏ではこれだけの物語があった!裏関ケ原 吉川永青/著

吉川永青の小説です。吉川得意の三国志ではなく、戦国後半の有名な合戦を題材にしています。 実際には、関ヶ原の合戦には参加していない戦国武将達6名の物語です。 関ヶ原の合戦当時の状況を簡単に書いていくと、大体次のようになっています。 黒田如水は九州で合戦中です。 佐竹義宣、最上義光は上杉景勝包囲網の一角を担っています。 細川幽斎は西軍の部隊を引寄せ篭城し、東軍への貢献があったようです。 真田昌幸は、ご […]

何故忠臣蔵なのに決戦なのかわかりませんが、全作品面白い!決戦!忠臣蔵 葉室麟他/著

何でもいいですけど、忠臣蔵が何で決戦なんですかね。60爺にはよくわかりません。この本は、7人の作家が書いています。それぞれについて、簡単に感想を述べていきますね。 1.葉室麟「鬼の影」 主人公は大石内蔵助でいいのかな?京の種木町で遊び呆けている内蔵助のところに、堀部安兵衛が現れ、内蔵助を脅すシーンからお話が始まります。 安兵衛の真意は?内蔵助は斬れといいますが、その結末は如何に・・・。しっかりとし […]

漫画家夫婦の子供をネタにしてまでコミック化する貪欲さに脱帽!まんが親 吉田戦車/著

こちらも、コミックで、ビッグコミックオリジナルに連載されていたものです。5巻で完結となりました。このコミック、60爺は面白いと思いますので推薦します。 当初、60爺は、ビッグコミックオリジナルを購入していました。このコミックは、たしか、毎号3ページ、ないし4ページの作品で、吉田戦車・伊藤理佐の漫画家夫婦に子供ができたところから、連載が始まったと記憶しています。 なお、伊藤理佐は「おかあさんの扉」を […]

5作品ありますが、うち2作は?最初の3篇はひねりが効いていて面白いよ!「決戦!三国志/吉川永青他」

決戦!シリーズの三国志編、5人の著者(木下昌輝、天野純希、吉川永青、東郷隆、田中芳樹)の作品が載っています。 最初の三篇は、まア、読んでいて、それなりに面白いかなと思います。後半は、ウーン、小説として、余り面白くはないなという印象です。それぞれについて、感想を書いてみます。 1.木下昌輝「姦雄遊戯」 主人公は許攸です。 たしか、曹操の身代が余り大きくない時期に軍師として登用されていた人物ですね。 […]

夢枕獏の剣豪小説!ヤマンタカ 大菩薩峠をモチーフにした面白さ保証付きの小説

1.夢枕獏の剣豪小説 あっという間に読みきりました。夢枕獏にしては珍しい大長編剣豪小説です。上下段542ページの大作です。 大長編といいましたが、夢枕獏という作家は、ご存知のように大長編が数多く、一冊で収まる今作は、著者にとっては大長編ではないのかもしれませんね。一冊の中に、きれいに謎解きも含めて抑え込んでいます。さすがです。 ヤマンタカとは、梵名。仏教のふん(分の下に心)怒尊(ふんぬそん)。正確 […]

30年以上続く大々長編ですがし面白さは全く変わらない!キマイラ12曼陀羅変/夢枕獏著

1.キマイラについて 久々に出ました。キマイラです。 キマイラ(古希: Χίμαιρα, Chimaira) は、ギリシア神話に登場する怪物である。ライオンの頭と山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持つ。それぞれの頭を持つとする説もある。 Wikipedia 「鋼の錬金術師」(荒川弘/著)にも出てきましたね。そこでは、「キメラ」と呼ばれておりました。キメラは、キマイラの英語読みですね。「鋼の錬金術師」では、人 […]