キングの超能力者もの、邪悪との闘いは手に汗握る展開に!ドクター・スリープ スティーブン・キング/著

シェアする

Pocket

1.概要

いろいろな所でレビューを見かけた方もいらっしゃるとは思いますが、非常に面白い本です。60爺にとって、スティーブン・キングの作品って、救いの無いものが多いのですが、本作品は、読後が非常に爽やかです。

「シャイニング」の続編に当たります、というか、当たるそうです(すみません^^;60爺はよんでいません、怖いの駄目なんです。)。

シャイニングって、オバケ屋敷の話だったような。超能力を持った少年が、人間で無い存在を感知し・・みたいな話ですよね。読んでないから分からんのです。

で、この超能力を持った少年がおじさんへと変貌し、このおじさんの能力のはるか上をゆく能力を持った少女と邂逅します。そして、やはり超能力を持つ忌まわしい集団が現れ、いやおうなしに彼らと闘う物語です。

2.内容ちょっぴり

主人公のダニーは、自らの持つ力に翻弄され、アルコール依存症の中年で登場します。うだつの上がらない生活をしていたダニーの話が、しばらく続きます。

一気に読んだと後半で言いますが、上巻のこのあたりを読み進めるのが、非常に難儀でした。

このダニーが、先ほど上記で触れた、自分をもしのぐ超能力を持った少女と出会い、彼女の力を認め、そして、邪悪な存在を知ることで、闘いに向かっていきます。かっこいいですよね。

この邪悪な集団のやっていることを、キングは丁寧に記述するんですが、これが、また、胸糞の悪くなる位邪悪な集団です。

彼らの食料は、XXXなんです。そのため、XXXを持つVVVVをZZZZしてきてBBBBするんですよ。ゲーですよね!

その中の、トップが、彼女の力を感知し、彼女を狩るために動き出すんです。そして、この動きを感知したダニーが、仲間を集めて、彼らと闘う準備を始めるんです。

ドクター・スリープ 上 (文春文庫)

新品価格
¥1,134から
(2019/4/25 10:54時点)

ドクター・スリープ 下 (文春文庫)

新品価格
¥1,166から
(2019/4/25 10:54時点)

当然、ダニー側にもピンチにも見舞われます。しかし、その大ピンチの中でも、決して諦めない心を持って立ち向かい、ピンチから脱出します。そして、最後の決戦に向かい、・・・ハッピーエンドとなるわけです。

60爺は、何回か話していますが、超能力者が出てきて闘う物語が大好きです。この物語も、それらの魅力がふんだんに盛り込まれていて非常に面白いと思います。

いつもどおり、闘いは順調に進むわけではなく、先にも述べたとおり、幾つかのピンチに陥りますが、知恵と勇気を持って立ち向かい、逆境を跳ね返します。

二段組・上下巻 680ページ余のぶ厚い本ですが、面白さに引きずられて、あっという間に読んでしまえます。エピローグを見ると、さらに先がありそうにも見える展開なんですけど、さてどうなるんでしょうか?

是非、手に取ってください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする