恩田陸の超能力者小説、「夜の底は柔らかな幻」のスピンオフ作品!終りなき夜に生れつく 恩田陸/著

シェアする

Pocket

1.恩田陸の超能力者小説

またまた、恩田陸作品です。何で、恩田陸と言う作家は、こんなに次々と面白い作品を紡ぎだせるでしょうか?

この作品は、60爺の好きな超能力者が活躍する物語、短編というか中編4作品です。この中で出てくる超能力は、「イロ」という特殊能力とされています。

この作品で出てくる途鎖という言葉は、頭の中に残っていて、過去に似たような作品があったかなって思っていましたら、帯に書かれてました。

「夜の底は柔らかな幻」に登場するキャラクターたちの過去が語られるスピンオフ短編集だそうです。

調べたら、前作品は、2013年ですから、もう4年も前に発刊されていたのですね。私60爺は、この作品も読んでいましたが、ストーリーや主人公、登場人物、きれいさっぱり忘れてます。いやいや、困ったもんです。

2.内容ちょっぴり

それでは、個別のお話の簡単な感想を述べますね。

  • 第1話「砂の夜」軍勇司と須藤みつき、第2話「夜のふたつの貌」軍勇司が医学生の頃の話で、葛城晃に出会う物語です。
  • 第3話「夜間飛行」は葛城晃が途鎖入国管理局からスカウトされ、適正調査を兼ねたキャンプに参加する話です。
  • 第4話「終りなき夜に生れつく」では、最後に、テロリスト神山倖秀登場という順序になっています。

終りなき夜に生れつく(クリスティー文庫)

新品価格
¥907から
(2019/4/25 10:47時点)

でも、先にも書きましたが、全く覚えてないんですよ、これらの人々の名前を・・。

第4話の神山倖秀がテロリストになる決心をしたストーリーなんか前作を覚えてたら感動モノなんでしょうけど。・・・ううう、残念でなりません。

第3話までは、前の話に出てきた登場人物が主人公だったので、そういう感じで終わるのかと思ったら、第4話は、構成が全く違うので、ちょっと肩透かしを喰らわされた感じです。

でも、前作を読んでなくても楽しめますよ、この本。軍勇司なんか、恩田作品でよく登場するオカマキャラですし。それぞれの物語は、しっかり練られていて、すごく面白いです。

ぜひ、ご一読を!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする