永青版三国志、ただひたすらに耐えまくる曹操を見よ!孟徳と本初 三國志官渡決戦録 吉川永青/著

1.概要

本日取り上げる小説の舞台は、題名にもある通り、三国志の中でも序盤の山場である官渡の戦いが描かれます。

吉川英治三国志では、本初即ち袁紹の陣営がぼんくらで仲間割れが多く、最終的に勝っていた軍を、鵜層の兵糧を焼かれたことで大敗し、袁家滅亡となったように記憶しています。

しかし、この物語では、曹操は全く本初にかなわず、思い悩み、耐え忍びさまが、これでもかこれでもかと延々と続きます。

本初側に裏切り者がいたことで、決定的な敗北にはつながらず、兵糧は焼き払ったけれでも、何とか本初の軍を撤退させただけという有様です。

この本では、本初は良家の坊ちゃんですが、全体をうまくまとめるリーダーシップを持った男として描かれています。

結局、袁家は袁紹亡き後、曹操に滅ぼされてしまうわけですが、袁紹が生きている間は、曹操は手を出せなかったというふうに書かれています。

2.永青版三国志を楽しんでください

この著者の描く三国志の世界は、吉川英治と全く違っていて、非常に面白いです。

相変わらず、吉川英治の三国志では「いいもの」だった劉備はやくざ者で、袁紹をうまく焚き付けて曹操と戦わせる形になっています。

また、関羽は、猪突猛進型の武将で、大軍を預けることはできないと断じられています。

吉川英治の三国志では、関羽は仁義の将で、曹操に迎え入れられてから、曹操のもとを去るまで、かなりのページが割かれていましたが、この本では、さっと登場して、あれっと気がつくと、既に退場しています。

顔良を屠る場面は書かれていますが、文醜との戦闘場面は回顧の中にしか出てきません。

孟徳と本初 三國志官渡決戦録

新品価格
¥1,782から
(2019/4/25 13:25時点)

この人の描く諸葛亮孔明も見たかったですが、まだまだ、三国志の序盤の物語ですから望むべくもなく・・・。

久々の吉川永青の三国志でしたが、曹操の苦しみ、葛藤、悩みなど、ひたすら耐えまくる場面を長々と見せられ、少々疲れてしまいました。

本初側の裏切り者が、自分を高く売るために、なかなか接触してこないため、曹操はものすごく疲弊してしまいます。こんな所も、吉川栄治と違い、人間曹操が描かれていると思います。

とにかく、この人の描く三国志は、登場人物が魅力的で、また読みたくなってくるのです。

是非、ご一読を。