何だ、この結末は!ファンを馬鹿にしすぎ、駄作に陥った!アルスラーン戦記 田中芳樹/著

シェアする

Pocket

アルスラーン戦記最終巻16巻読み終わりました。

ウーン、何これ。余り、悪口を書きたくないんですけど、仕方なく完結させたんですね。ファンを楽しませようという気が全く感じられない作品ですね。

60爺ごときが何ですが、この作家のパワーですが、数年前から衰えていたような気がします。

そして、今回の作品の出来をみると、もう、わくわくする物語を描けなくなってしまったんだなと判断せざるを得ないです。第一部におけるエクバターナを解放するまでの面白さが全く感じられません。

60爺の感覚が鈍ったとは思えません。この作者の前巻からの迷走ぶりは、どうしようもないところに来てしまったと言う感じです。アル スラーン戦記に対するの愛情がなくなってしまったんでしょう。

本当に、最初から、この結末を考えていたんでしょうか?そうは思いたくないんですが、まア、作者が考えたキャラですから、どうしようが勝手なのはわかりますけどね。でも、ちょっと、今回の結末はねーー。

この終わり方で、アルスラーン戦記第二部は駄作に陥ったのではないでしょうか。

現在、コミックで、荒川弘がアルスラーンの第一部を描いていますが、コミックの面白さも半減してしまいますね。コミックは、第一部で止めてほしいですね。

いや、第二部は、荒川弘に再構成してもらい、コミック版アルスラーンをお願いしたいです。荒川弘なら、ダークファンタジーはお手の物ですから、はるかにすばらしいアルスラーン戦記にしてくれると思います。

ですが、荒川弘がものすごい面白い物語にしちゃったら、この作者真っ青で面目丸潰れとなってしまうので、望み薄ですね。そんな度量も持ち合わせていないようですから。

何度も同じような嘆きで申し訳ありませんが、前作で、「あーまた、銀河英雄伝説みたいなことをやってる」と思っていたら、今回はいきなり完結だし、しかも、その中身が・・・。

面白い物語を書けないのなら、未完のままにしておいてくれた方がまだ良かったと思います。コミック版がスタートしたので、せっつかれた感じで続編を書こうとしたら、もう書ける筆力がなかったのに気がついてしまったのでしょう。

それで、もういいかーーみたいな投げやりなやり方で完結に持って行ったとしか思えません。作者本人も呆然としているんじゃないですか。

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

新品価格
¥907から
(2019/4/25 14:45時点)

このままだと、同じ作者の未完の物語「創竜伝」も心配になってきました。結局、同じやり方から抜けられないでしょうから。

少し反省してほしいです。当初、描いていたことが書けないなら、その旨断って未完のままにしておいてくださいね。「創竜伝」ファンからのお願いです。

「今日読む本はこれ」と言いつつ、全編嘆き節でした、すみません。しかし、名作(だった)がこんな終わり方をするとは悲しいですね。

これを見て、まだ、購入してみようと思われるのであれば、ご一読を。後悔しますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする