信長と張り合い、その器量の大きさに賭けた弟の覚悟を示す!信長を生んだ男 霧島兵庫/著

信長が若き頃、成敗した実の弟勘十郎信行を主人公とした小説です。

信長は、弟を成敗した後も、その子信澄を召し抱えているんですよね。信澄も、これに応えて良く働いていたようです。

残念ながら、本能寺の変の際、四国に渡るため集結していた所を、その心根を疑っていた信長の三男信孝に殺されてしまうわけですが。信孝には、父親ほどの度量がなかったわけです。

作者である霧島兵庫は、あの激烈な性格(であったと思われる)の信長が、自分に何度も背いた信行の子を何故仕官させていたのかという所から、この小説を思いついたのかもしれません。

信長と信行、片方は父に愛され、もう一方は母親に一方的な愛を受けて成長していったことが、兄弟の仲の悪さの原因となっています。

母の土田御膳が信長を愛さなかったことは、いろいろな小説に書かれており、資料的な裏付けがあると思われます。

しかし、その反面、父親である織田信秀は、長男である信長の異才を愛し、信長がどんなことをしても嫡男であることを認め続けていたようです。

父親は、一代でのし上がった男ですから、単なる信行の行儀良さでは、その時代を乗り切ることはできないとわかっていたのでしょう。

内容紹介です。

兄が猛虎になるなら、己はそれを支える龍になろう。信長の弟の激しく孤独な生涯

この小説は、ただ律義で、信長の挙動を嫌う人々から、織田家の息子であると理由だけで祭り上げられ、訳も分からず立ったものの、兄には全く歯が立たなかった人物像であった信行を見つめ直して主人公に沿え、一つの物語にしています。

そういうわけですから、この小説は、信長が天下を取るために起こした数々の戦の前時代です。

信長の状況は、父に死なれ、舅に死なれ、四面楚歌となっている苦しい苦しい時期に当たります。

この物語では、天下取りの合戦シーンはありませんが、信長が少しずつ成長していく過程の物語ですが、大器の片鱗は、そこかしこに出てきます。

信長を生んだ男 [ 霧島 兵庫 ]

価格:1,728円
(2019/4/26 12:46時点)
感想(0件)

信行も同様で、母親の一歩的な愛情を牢獄のように感じながらも、その性格から、逆らいもせず、演技のように生きていく描写があります。

また、兵書を理解し、それを自分のものにして、信長の軍師足らんとする時期を経て、運命の変転により、信長が大きくなるためこそを考えて行動する様が描かれます。

ここに、信行を支える柴田権六、蔵人、名も知れぬ雑兵たち、美濃と終わりをつなぐため信長に嫁す帰蝶(濃姫)、当然ながら兄である信長、父親の信秀、母の土田御膳が絡んで、面白い小説に仕上がっています。

是非、ご一読を。