復活しようともがく芸人を描く、本にも含めた一発屋の再起の物語!一発屋芸人列伝/山田ルイ53世 著

シェアする

Pocket

お笑い芸人髭男爵のシルクハットをかぶった方が作者です。自分を含めた、所謂、一発屋芸人を訪ね歩いて、インタビューを行い、現在の彼らの生き様を綴ったノンフィクションです。

世の中から消えた芸人たちの現在は、ブレイクしたあの時より面白かった!?
発売前から話題騒然、雑誌ジャーナリズム賞作品賞受賞。

この書籍に選ばれた?芸人ですが、「いたなー、こういう人」と言う芸人もいれば、「誰、この人」っていう芸人もおりました。「あの人は何で入っていないんだろう」という芸人もおりますね。

また、この人は違うんじゃないかっていう芸人もおりますが、そこはそれ、山田ルイ53世もうまく言い逃れようとしていますので本編をご覧になってください。

選抜の基準がわかりませんが、山田ルイ53世が一発屋と呼ばれる芸人に向ける視線はやさしさに満ち溢れているようです。まあ、インタビュー中にがっかりしちゃった芸人も中にはいるようですが。

60爺は、登場人物の中で、『ジョイマン』『ムーディ勝山と天津・木村』『ハローケイスケ』の四人が「誰、この人」に入ります。『とにかく明るい安村』が一発屋に入っているのには驚きました。

一発屋芸人列伝

新品価格
¥2,980から
(2019/2/12 21:57時点)

著者によれば、同じ一発屋でも、0.5発屋や0.8発屋、とんでもない爆発をしたXX屋までこの中で紹介しています。最後の部類に入る人には、切手になっちゃった人もいるんですね。

そして、人間である故に、彼らはこれからも喰っていかねばなりません。現在の苦境を乗り切って再び陽の目を見るよう一生懸命足掻いたり、努力を続けている方達が多いです。

それでも、やはり、悲しいかな、何とか食っていければいい屋組になってしまった方もおるようで、それはそれで痛々しいですね。「もうやめられない齢になっていた」なんてコメントが出てきますが、悲しい現実なんですね。

髭男爵の二人も、そのコンビ発祥の理由が書いてありますが、ちょっと物悲しいものです。彼らは、若い頃からの知り合いで親友なんかじゃなかったんですね。

現在のお笑いで受けているコンビって、そういう人たちが多いので、60爺は、そう思ってました。こんな条件の中で、悩んで考えてたどり着いた現在のネタがそれほど長続きせず一発屋となってしまった現実があります。

本格派の漫才師に脱皮しようとしている人たちもいれば、ダンスの世界大会に出場するような一発屋とは思えない人も入っていますが、彼らが再び60爺達の前に復活する日があるのでしょうか?

厳しい現実を乗り切ることが出来たならば、大きな拍手をしてあげたいと思います。

是非、ご一読を。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする