ハマの用心棒が捜査本部に出張して活躍!スクエア 今野敏/著

シェアする

Pocket

1.概要

今回の作品は、「横浜みなとみらい署暴対係」が舞台です。ご存知、「ハマの用心棒」こと諸橋が活躍する警察小説です。

本橋が登場すれば、敵役である県警本部監察官の笹本も登場しないはずはありません。そして、相棒の城島や、やくざの神野も当然のように登場しています。

おなじみの面々をどう活躍させるか、今回は、県警本部長が直々に、諸橋、城島に面会したいと言ってくるところから始まります。

諸橋は、お偉方に呼ばれるのだからいい話ではないと考えながら本部長との面会に臨みます。そして、そこで、著者は、型破りな本部長を登場させるのです。

内容紹介です。

横浜・山手の廃屋で、中国人の遺体が発見された。被害者は中華街で一財産を築いたが、三年前から消息不明だった。事件の背後に暴力団関与の疑いがあると判断した本部長の要請で、所轄外ながら捜査に加わることになった諸橋と城島だが――。

2.ちょっぴり詳細

今回、諸橋と城島が活躍するのは、横浜みなとみらい署ではありません。先ほども述べたとおり、県警本部長の要請により、匿名として、殺人事件の捜査本部に参画するのです。

そこは、キャリア嫌いの捜査一課長や、詐欺を専門に取り扱うキャリアの二課長など、少々複雑な捜査本部になっています。

丸暴専門の諸橋にはお門違いかと思いきや、所有者不明土地を利用した不動産詐欺事件の背後に暴力団関与の疑いがあると判断されていたのです。

今回は、いつもと違い、笹本が敵対する?諸橋、城島のついていくところにぴったりついて、彼らのやり方を目の当たりにしています。

スクエア: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)

新品価格
¥1,870から
(2019/11/27 22:25時点)

そして、彼らの事情をわかって、少々、物分かりが良くなったような…。

それにしても、全然別の署の捜査本部でも、しっかり、横浜みなとみらい署の暴対係を活躍するように事件を持っていく筆者の筆使いに感心します。

最後には、県警本部長と・・・・、おっと、ここいらは、小説を読んで確認していただければと思います。

是非、ご一読を。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする