石田三成の本当の姿を見ることが出来る!八本目の槍 今村翔吾著

1.概要

「羽州ぼろ鳶組」シリーズ作者の今村翔吾の戦国時代末期の賤ケ岳七本槍の面々を主人公にした短編連作小説です。

七本槍ですから当然七編の物語なんですが、作者は、七本槍の面々を描きながら、石田三成を前面に押し出しています。石田三成が「八本目の槍」ということです。

今回は内容紹介を先にします。

秀吉の配下となった八人の若者。武勲を上げた七人は「賎ケ岳の七本槍」とよばれるようになる。「出世」だけを願う者、「愛」だけを欲する者、「裏切り」だけを求められる者―。己の望みに正直な男たちは、迷いながらも、別々の道を進んだ。残りのひとりは、時代に抗い、関ケ原で散る。この小説を読み終えたとき、その男、石田三成のことを、あなたは好きになるだろう。共に生き、戦った「賎ケ岳の七本槍」だけが知る石田三成の本当の姿。そこに「戦国」の答えがある!

内容紹介にある通り、著者は、関ケ原で敗れた石田三成を再評価し、その頭脳明晰さと先見の妙を七つの物語で書ききっています。

歴史は勝者の作るものですから、敗れた者たちは悪者にされているのが常です。

大化の改新で敗れた蘇我入鹿や、源平合戦で滅ぼされた平家の平清盛、そして、この物語でも出てくる柴田勝家なども、歴史の中ではかなりの悪者にされています。

しかし、現代では、歴史の敗者も再評価され、見直す動きが出ています。本当の愚者だったら、政変で討伐される前に前面に出てこれるわけがないからです。

石田三成も、徳川家康の覇権を邪魔した張本人として悪評を立てられますが、豊臣の家を大事に考えた一方の英雄だったのではないかと思います。

2.内容ちょっぴり

60爺ですが、賤ケ岳の七本槍は知っていますが、誰だったでしょうかと問われると、若かりし頃の加藤清正、福島正則位しか頭に浮かびません。

ここで、賤ケ岳の七本槍の面々を小説に出てくる順に記載しましょう。武将名と幼名も載せておきます。

  • 一本鎗 虎之助は何を見る  加藤清正 虎之助
  • 二本鎗 腰抜け助右衛門   糟屋武則 助右衛門
  • 三本鎗 惚れてこそ甚内   脇坂安治 甚内
  • 四本鎗 助作は夢を見ぬ   片桐且元 助作
  • 五本鎗 蟻の中の孫六    加藤嘉明 孫六
  • 六本鎗 権平は笑っているか 平野長泰 権平
  • 七本鎗 槍を捜す市松    福島正則 市松

それぞれの物語から、60爺が思ったことを簡潔に述べます。

一本鎗の加藤清正は、福島正則と同様のただの武辺者だと思っていましたが、ここでは、兵站の大変さのわかる賢い人物像となっています。

四本槍片桐且元も、大阪城の家老でしたが、淀の方と家康の間でおろおろする優柔不断の人物のイメージでしたが、最後の最後に豊臣家の家老として見事な働きを見せます。

八本目の槍

新品価格
¥1,881から
(2020/6/8 08:14時点)

七本槍福島正則は、上述のように、頭も筋肉で出来ているようなイメージでしたが、三成の残した謎を考え抜く面を見せてくれます。

この小説では、皆、三成の尋常ならざる頭脳を認めていますが、それぞれの境遇や出世により、過去に誓い合ったことも薄れていったことが出てきます。

しかし、三成は、何ら変わることなく苦言を言い、それゆえ誤解が起こり、最終的に母体となった豊臣家瓦解に繋がってしまいます。

もし、人間が素直に受け取ることが出来ていたら、状況はもっと変わった結果になっていたのでしょうが、諸々の事情がなかなか思うようにはしてくれませんね。

石田三成について、そのイメージが変わると思いますので、戦国ファンの方や歴史小説の好きな方は、手に取ってください。

是非、ご一読を。